rebody TEL

ストレートネック | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

Blog記事一覧 > 肩こりの記事一覧

ストレートネック

2018.11.16 | Category: 肩こり,頭痛・目の疲れ

ストレートネックとは?

首が痛い、

肩が凝る、

頭が痛い、

目が痛い、

こめかみが痛い、

いつも首や肩が凝っていて、痛み止めやシップを貼っても良くならないなど、

ストレートネックになると、首周りへの負担が増えるため、

その周辺の症状が出やすくなります。

ここ最近は、特に

デスクワークやスマホ、ゲームなどの影響で、

レントゲンで、ストレートネックと言われたという方も、

増えてきています。

ストレートネックと言われても、

大丈夫。

施術をきちんと受けることで、

楽になることができます。

 

本来、背骨はS字状に湾曲していて、

そのカーブのお陰で、

体に加わる衝撃を吸収し分散させ、

筋肉や骨にかかる負担を軽減させています。

首の骨(頸椎)は、

前弯していて、

頭の重みや衝撃を分散してくれています。

ストレートネックの状態で、日常生活を送っていると、

どうしても頭の重みや体の振動の衝撃が、

頸椎や周りの筋肉・人体に伝わりやすくなり、

凝りやすい体質になります。

ですので、なるべくストレートネックは、放置せずに

様々な不調に及ぶ前に手を打っておくことが先決です。

ストレートネックは、

姿勢が悪い方や、猫背の場合に多いです。

 

 

姿勢は首肩周り以外でも関係し、ストレートネックになる原因があります。

例えば骨盤からの歪み、下肢の筋肉の硬さ、腰椎の前湾が少ない、などで

背骨本来のカーブがバランスを崩してしまっている場合でも

ストレートネックを引き起こすことがあります。

普段から、デスクワークやスマホの時間が長い場合は、

下向き加減になり、頸椎が真っすぐになります。

その状態が続くと、その状態で骨格が固定されていき、

カーブが減り、ストレートネックになっていきます。

ですので、普段からの姿勢を意識し、なるべく

悪い姿勢を続けないように努力する必要もあります。

また最近は、若い方は特に顎が前に突き出すような姿勢に

なっている方も多いのですが、

これは、首が凝りやすい姿勢になります。

頭の重さは体重の1/10ぐらいあり、

体重によりますが、イメージとして、

ボーリングの玉ぐらいの重さがあるものを

首の上に乗せているという状態になります。

ストレートネックの状態は、

この重みを分散させる働きが少ないので、

ダイレクトに刺激が頸椎や筋肉に伝わるため、

筋肉が硬くなり、様々な症状を引き起こしやすくなります。

ストレートネックは、

放置しておくと、

先ほど述べたような形で、頸椎に負担がかかり

頸椎ヘルニアや変形性頚椎症、

といった症状に発展しやすくなります。

そうならないために、早めに施術を行い、

ご自身でも姿勢を意識し気を付けながら

治していく必要があります。

猫背の自覚がある方や、顎が付きだした姿勢になっている方は、

身体の状態を見ながら必要であれば猫背矯正やアジャスト矯正を

してあげる必要があります。

簡単セルフチェック

ストレートネックを調べるのはレントゲンでみればわかるのですが、

自宅でもできる簡単なチェック方法は

壁に背中をつけるように立っていただきます。

自然に立った状態で、

1.後頭部 2.肩甲骨 3.仙骨(お尻の上部)4.かかと

が壁についていれば問題ありません。

頭などが壁から離れていたり、力が入らないと

付かない状態の場合は、ストレートネックになっている

可能性があります。

顎関節症

2018.10.25 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,肩こり,頭痛・目の疲れ

顎関節症

 

顎関節症は、痛みがある場合とない場合があります。

 

✅口を開けようとすると、「パキッ」「コキッ」と音が鳴る

✅大きく口を開けようとすると、制限がかかり、開けられない

✅口を開ける際に、あごがガクッ一瞬ずれる

✅ものを噛んでいるとあごが痛い・だるい

人によって、朝だけ症状が出る場合、疲れると出る場合、

常に出る場合など出る頻度もまちまちです。

また、自覚がなくても、歯医者さんなどで、

口を大きく開けないといけないのに開けれなくて、

顎関節症といわれるケースもあり、本人の自覚がない場合は

どうしても放置してしまいやすいです。

実は、あごは一番といってもいいほど良く使われている関節で、

・咀嚼・しゃべる・力を入れる時・ストレスを感じた時

・集中しているとき・睡眠中の歯ぎしり・運動時

などに個人差はありますが、顎関節を動かしています。

なので、その負担をかけている分、関節症が出やすいということが

言えるのです。しかも、

一度の歯の食いしばりの動作は、約50キロの負荷を顎にかけていると

言われるほど負担がかかっているのです。

またひどくなると、

あご関節周りには、三叉神経という神経が走行しており、

三叉神経痛・顔面神経痛なども生じやすい状態に・・・。

あご周り筋肉はとても繊細にできているので、負荷をかけすぎると

どうしても痛めやすい構造になっています。

痛いからと言ってむやみにあご周りを触るのはよくありません。

炎症がひどくなって帰って痛みが強くなる場合もあります。

顎関節症かチェックしてみましょう

鏡で見ながら

✅口を開ける→アゴが斜めに開く・左右に揺れる

✅アゴの付け根を押すと痛みが出る

✅アゴの先が真ん中にきていない

顎関節症の原因

1.歯ぎしり・歯の食いしばり

無意識で歯を食いしばる癖のある人もいらっしゃるので、

気づいていない場合もあります。

ストレスを感じたり、力を入れる時、集中しているとき、運動時、

睡眠時など、歯を食いしばっているとあごの筋肉が疲労し、硬くなります。

意外と歯を食いしばっていることがありますので、自分が食いしばっていないか?

意識してみてください。そして、食いしばっているなら、なるべく気づいたときに

食いしばらないように、顎の力を抜きましょう。癖になっている場合は、

なるべく意識して食いしばらないようにすることも大切です。

食いしばることで、頭痛や肩こりなどにもつながることもあります。

2.片方で噛む癖がある

片方のあごばかりで噛んでしまうと、どうしても

片方の筋肉が発達し、疲労もたまりやすくなります。

よく噛む方に、顎がずれてしまい、反対のアゴもそれに伴って

ずれてしまいます。

また、噛んでいるあごにばかり負担をかけていると、

関節が変形したり損傷したりします。大きな音が鳴る場合は、

ひどくなると、関節の損傷や変形もでてしまっている場合があります。

片方のあごでよく噛む癖のある方は、やはり意識的に、

両方のアゴで噛むように意識してみましょう。

3.スポーツ・趣味でアゴに負担をかけている

力を入れるスポーツ(アメフト・ハンマー投げ・弓道・格闘技・ラグビー・

砲丸投げ・重量挙げ・野球など)

首が傾いた状態が続いたり、偏った向きで姿勢を保つ楽器(バイオリン・サックスなど)

4.硬いものを噛まなくなった・咀嚼が少ない

よく最近、硬いものを噛まない、柔らかい食材をよく食べる、

噛む回数が少ないなどが原因で、顎の筋肉が衰えてしまって、

それが原因で顎関節症になるケースがあります。

5.首コリ・肩こり

首周りの筋肉、肩回りの筋肉のコリが原因で、つながって連動している

筋肉にも疲労やコリが生じやすい環境になります。

アゴの筋肉が凝ると、顎関節の動きが悪くなるため、顎関節症を

生じさせます。

6.自律神経失調症からくるもの

ストレスや不安などから、普段からくよくよ考え込んだり、思いつめやすい方は、

無意識で歯を食いしばっていることがあります。このばあい

1~6のような原因から、顎関節症を引き起こしていることが

多く見られますが、もし顎関節症かなと感じた場合、

お気軽にご相談いただければと思います。

東広島鍼灸整骨院では、

顎関節症になっている原因を根本から

改善するために、動きを制限している原因を探り、

関節の可動域を広げるよう、痛みを軽減するよう、

丁寧に施術をいたします。

当院派が顎関節の施術を得意としておりますので、

お気軽に上記のような症状でお困りの場合は

早めにお越しください。

ただし、ごくまれに顎の骨変形が原因の場合がありますが、

それが痛みの原因となっている場合、

骨の変形が原因となりますので、

施術は難しいと考えております。