rebody TEL

シンスプリント

2018.11.08 | Category: スポーツ外傷

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とは

スポーツ・運動・部活などをされている方は、

よく耳にするケガの名前だと思います。

足のすねの内側(脛骨粗面)の骨膜に炎症が見られる状態です。

繰り返し筋肉を使うことで、疲労がたまり、

筋肉に硬さが出てきます。

この状態で使い続けると、

筋肉が骨を引っ張るように働き、

脛骨に負担がかかります。

 

脛骨につく筋肉を緩め、

触って炎症を引き起こしている筋肉を修復させる

必要があります。

すね中部~下1/3に症状が出現します。

関連する筋肉としては、

後脛骨筋・下腿三頭筋(ヒラメ筋、腓腹筋)・

長母趾屈筋・長趾屈筋などです。

骨膜に対しての炎症症状で、まだ骨までには症状が

及んでいない状態です。

シンスプリントが進行して疲労骨折になる場合もあります。

 

シンスプリントと疲労骨折との違いは?

 

・シンスプリントの原因

1.多くは足の使いすぎ

運動で繰り返し下腿の筋肉に負担をかけている

2.足裏が着地時に真っすぐでない、足の歪み

足が回外・回内している場合、

下腿の筋肉が

無理に引き延ばされたり、収縮することで負担がかかり

起こります。

3.偏平足

・足裏のつちふまずが少なかったり、

・足裏のアーチに柔軟性がない、

・偏平足

の場合は、

歩行時やランニング時の地面からの衝撃を、

緩衝させる働きが劣るため、

衝撃が筋肉や関節に加わりやすくなります。

その結果、筋肉に炎症が起こりシンスプリントの

原因になります。

4.アスファルト・コンクリートばかりで走る

芝生や土、砂に比べ硬いため、

足裏への衝撃も強くなり、負担がかかります。

 

・こんなスポーツでよく見られます

サッカー・マラソン・陸上・バスケットボール

野球・バレー・バドミントン

・シンスプリントのレベル

シンスプリントでも、

軽度のものから重度のものまであります。

軽度では、痛みの頻度も少なく、運動時には痛みが気にならないものから、

中度では、運動すると常に痛いもの、

重度では、運動していなくても日常動作でも痛む状態です。

 

軽度のものは、痛みが気になるなと思っても、

痛みが出なくなったりするので、放置しがちです。

この時から、しっかりとストレッチをし、

ケアーしてあげるとひどくなりにくいです。

 

また、痛みが出ているのを感じたら、

ジョギングなどする際は、出来れば

アスファルトやコンクリートを避け、

芝生などなるべくやわらかい

地面で練習をするほうがよいでしょう。

 

また、靴などすり減っていたり、クッションが少ない

硬めの靴の場合は、

見直された方が良いです。

施術方法

シンスプリントでは、

下腿部の原因となっている

筋肉の筋緊張・筋疲労を取ることが重要です。

原因の筋肉を炎症を取りつつ、筋肉に柔軟性を持たせるよう

施術をいたします。

また骨格の歪みなども確認しながら、

歪みが見られる場合は矯正をしていきます。

鍼施術・超音波(超短波)・マッサージ・電気・矯正など

その方に合わせた施術を行っていきます。

施術や症状で

不安なことやお悩み事は何でもご相談ください。

 

 

シンスプリントと疲労骨折の違い

2018.11.08 | Category: スポーツ外傷

シンスプリントは、

症状が骨まで行っていない状態。

骨の周りの骨膜という部分の炎症です。

それに対して、

疲労骨折は、骨が折れている状態です。

ぶつかったり、転倒して骨折する場合は、

骨が折れている状態がレントゲンでもはっきりとわかりますが、

疲労骨折は、レントゲンではっきりわかる場合と、

骨折線が薄く、一見骨折しているように見えないような

場合もあります。

骨折線が深く、疲労骨折の度合いがひどい場合は、

絶対安静が重要になります。

無理をして、練習をしたりすることで、

骨の癒合がうまくいかず、

症状が長引いたり、骨折線がさらに

深くなってしまう場合があります。

シンスプリントも、疲労骨折も、

どちらも筋肉の繰り返しの動作によって、

筋肉を酷使し、疲労した状態が続くとおこります。

普段から、筋肉に疲労をため込まないように、

ケアーをし、シンスプリントや疲労骨折になった場合、

安静を努めつつ、筋肉の疲労を取り、

筋緊張を取って、修復を高めるように促していくことが大切です。

 

オスグッド病

2018.11.06 | Category: スポーツ外傷,未分類

オスグッド病

オスグッド病とは、

10~15歳ぐらいの子供が

膝の皿下の骨の痛みを訴える症状です。

 

特にスポーツをしている男の子に多く見られます。

オスグッド病の原因

成長期の場合、骨がまだ固まっていないため、

運動などで繰り返し筋肉が伸び縮みすることで

付着している部分の骨が引っ張られて、

はがされて

痛みが生じます。

オスグッドは、

太もも前面部の大腿四頭筋という筋肉の

負担が膝下の骨に負担をかけることで起こります。

 

歩行・階段・しゃがむ・立ち上がる・ジャンプ・走る

などの動作を繰り返すことで、

大腿四頭筋を使い、骨に負担をかける原因になります。

 

良く使う筋肉ですので、安静が難しいところですが、

オスグッドになられて、

痛みで動きがつらい場合、

✔歩いていても痛い

✔しゃがんでも痛い

等の時は、なるべく繰り返しの動作を控え、

スポーツなどは休んで安静にしましょう。

 

東広島鍼灸整骨院では、オスグッド病に対して

しっかりをケアーを行い、酷使している筋肉を柔らかくし、

筋肉の修復を促します。

大腿四頭筋の柔軟性を出し、

骨への負担を軽減させることを目的とし、

施術を行います。

特にスポーツや運動などしていなくても、なかには

オスグッド病になられるお子様もいらっしゃいます。

そのような場合は、

筋肉のもともとの柔軟性がなかったり、

筋力が少ない場合もあります。

 

また、姿勢が悪いお子様、

猫背や背中や腰が丸くなっている、

などから、大腿四頭筋に緊張が見られることも

あります。

その場合は、

運動やスポーツなどしていなくても普段の生活の

動作から生じてきてしまいます。

施術方法としては、

体の硬くなった筋肉を緩め、

柔軟性を出しつつ、

骨盤の歪みや

猫背の矯正をする必要もあります。

当院の骨盤矯正や猫背矯正は、

痛みはありませんので、

お子様でも安心して受けることができます。

オスグッド病でお悩みの方は、早めに

ご相談ください。

 

 

 

 

マッサージ

2018.10.29 | Category: 未分類

東広島鍼灸整骨院の専門家によるマッサージの効果

東広島鍼灸整骨院では、専門家によるマッサージ施術によって

辛い症状をしっかりと改善させていくことができます。

また、日々の体調管理にもご利用ください。

肩こりや腰痛といった、筋肉が緊張して硬くなってしまうことで起こる

症状を改善するためには、

当院のマッサージ施術がおすすめです。

柔道整復師という国家資格を持った

体の仕組みを知り尽くしたプロフェッショナルによるマッサージですので、

身体の状態・筋肉のバランスを見ながら

マッサージを行います。

東広島鍼灸整骨院では、辛い症状を改善させることができ、

また体調管理や体のメンテナンスとしてもご利用していただくことができます。

スポーツの練習や試合後に筋肉を休ませてあげたいという方、

身体を使う仕事なので、毎日疲れがたまっているという方にも

おすすめです。

また、慢性的な肩こりや腰痛、ひざの痛みなどを抱えていて、

痛みの原因が患部だけではなく、

骨格や深層部にあるという場合には、

マッサージだけの施術ではなく、

骨盤矯正や鍼施術を組み合わせていくことにより、

根本的な施術ができるようになります。

安心して受けていただける施術ですので、

お気軽にご相談ください。

逆子施術

2018.10.28 | Category: 未分類

逆子

逆子とは?

胎児の母体の骨盤内の位置が「骨盤位」の状態を指します。

「骨盤位」とは・・

通常は胎児の頭部が、母体の骨盤を向かう状態が多いのですが、

胎児の臀部・膝・足などの骨盤以下のすべての部位が、母体の骨盤に向かうもの

を「骨盤位」といい、この状態を「逆子」といいます。

胎児は、

1.子宮腔の形態

2.子宮収縮

3.胎動

4.母体の胎位

などによって回転します。

胎児は、安定しやすい頭位(頭が下)に誘導されるのが一般的です。

子宮内と胎児の形態が一致しないと、子宮壁・胎児が圧迫され、その刺激で

子宮筋が収縮し、自然回転し、また胎児も自己回転し、より居心地の良いところに

移動します。

骨盤位(逆子)になる原因は、様々なことが原因と言われております。

 

妊娠中期ぐらいまで、赤ちゃんは自然に動き回るため、

逆子であることも多いです。しかし、

妊娠後期になると、自然と頭部が下向きになり、安定します。

28週過ぎても骨盤位の状態で、頭が下になっていない場合を

逆子と言います。

逆子は約3~5%の割合で出現します。

逆子の施術は28週から施術を行いますが、

34週を過ぎると元に戻る確率も下がってきてしまいますので、

わかり次第早めに施術をされることをお勧めいたします。

ちなみに逆子がもとに戻る確率は、

妊娠8か月で90%

9か月で80%

10か月で74%

平均して89%元に戻る、

というデーターがございます。

Q)逆子になる原因は?

東洋医学では、

1.妊婦の下腹部が冷えている

2.妊婦の呼吸が浅い

3.妊婦のおなか周りの硬さが原因で、

下腹部の緊張状態が、胎児の動きを制限しているため、移動しづらい

1~3の状態は、鍼灸施術で的確なツボを取り、施術を行うことで、

下腹部の冷えや、自律神経の乱れ、下腹部の緊張の解消をする

ことができます。

 

Q)逆子を戻しておいた方がいい?

逆子の状態で出産する場合は、へその緒が頭より先に出てしまうと、

へその緒が産道に挟まり圧迫されるため、

赤ちゃんの脳への血液供給が悪くなり、

赤ちゃんが危険な状態になってしまうことがあります。

これを防ぐために、逆子の場合は多くが帝王切開をするようになります。

帝王切開にならずに済むため、逆子を戻しておかれた方がよいと思われます。

 

東広島鍼灸整骨院の逆子施術について

東広島鍼灸整骨院では、逆子の特効穴に

鍼(はり)やお灸を施します。

逆子の場合は、まず子宮内の血流を良くし、

胎児が移動しやすい環境を整えることが大切です。

当院では、逆子に関係のある経絡(腎経・肝経・脾経・任脈)

の流れを整えることで、不足している気血を補い、

子宮をめぐる血液の流れを良くし、

子宮の緊張を取り緩めるようにしていきます。

逆子になった場合は、的確なツボを取り、お灸を行うことが大切です。

逆子と分かり次第なるべく早めにお越しください。

早い方が治る確率も高くなります。

ただギリギリでもあきらめずに。

当院では、35週以降でも

施術で逆子が矯正され戻るケースもあり、

術前検診で、元に戻っていたことがわかり、

普通分娩されたという報告を受けたこともあります。

鍼灸院でのお灸は自宅で行うお灸よりも的確にツボを取るため、

効果が高いです。

治る回数は個人差はあります。

施術は、1.2回で治る方もいらっしゃいますが、

平均5~6回ほどで戻るケースが多いです。

施術を受けられて逆子は元に戻る方は比較的多い方だと思います。

また、研究データでは、

特効穴に鍼灸施術を行で

副作用も認められなかったとされております。

逆子の施術は実は安産施術にもなる

逆子の施術は、子宮の血流を良くする経絡・ツボを取ります。

なので、子宮の状態が良くなるので、栄養が赤ちゃんにも

運ばれやすくなり、子宮周りの筋肉も緊張から解きほぐされ、

出産時に使用するインナーマッスルの状態も良くなります。

出産時は、筋肉の状態や循環が良い方が安産となりますし、

産後の肥立ちもよくなりますので、

逆子の施術は続けられるとよいです。

私自身も、特効穴に施術したことで、

超安産で出産できました!(^^)!

施術ペース

週に3回目安

逆子の施術で元に戻り無事に出産 ハガキを頂きました

 

薄毛・円形脱毛症

2018.10.25 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

薄毛・円形脱毛症は東広島鍼灸整骨院の育毛コース

✅円形脱毛症

✅薄毛

✅髪のボリューム不足

抜け毛・薄毛はご年配の方ばかりではなく、

最近は若い方も悩まれている方は多いです。

また、女性の薄毛も増えています。

髪は、隠せれる程度のものでしたら何とかごまかせれるのですが、

そのうちに、症状がひどくなって隠しきれなくなってくると、

とても不安になり、悩んでしまいます。

円形脱毛症のかたは、

自律神経のバランスの乱れや

血行不良が生じている場合が多くみられますので、

当院ではまず、自律神経系を整えるように施術することが重要で、

また、

頭皮のほうにも、血流が良くなるように施術を施す必要があります。

また、男性の薄毛・女性の薄毛・ボリューム不足など、

髪が抜けるメカニズムを研究し、鍼施術でツボを刺激します。

施術を続けられていくうちに、少しずつ髪の毛が生えるように、

頭皮からプツプツと毛根から毛が生え始め、

産毛が広がり、徐々に太い髪の毛に変わってきます。

個人差はありますが、頭皮の状態を良くしてあげることが、

髪が生えるうえで一番重要となりますので、

体の外側からだけではなく、体の内側からの

血流量を増やし、頭皮の循環を良くしてあげる必要があります。

東広島鍼灸整骨院の育毛コースをされると、

体の内側から、血流が良くなり、代謝も上がります。

そうすると、頭皮環境もよくなり、しっかりと髪に栄養が行きわたる

ようになります。

 

当院の育毛コースは、頭皮環境を良くしつつ、同時に自律神経系を整え、

ストレスの緩和を目的とした施術になっておりますので、

薄毛・円形脱毛症などで

少しでも気になることがございましたら、ご相談ください。

 

 

顎関節症

2018.10.25 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,肩こり,頭痛・目の疲れ

顎関節症

 

顎関節症は、痛みがある場合とない場合があります。

 

✅口を開けようとすると、「パキッ」「コキッ」と音が鳴る

✅大きく口を開けようとすると、制限がかかり、開けられない

✅口を開ける際に、あごがガクッ一瞬ずれる

✅ものを噛んでいるとあごが痛い・だるい

人によって、朝だけ症状が出る場合、疲れると出る場合、

常に出る場合など出る頻度もまちまちです。

また、自覚がなくても、歯医者さんなどで、

口を大きく開けないといけないのに開けれなくて、

顎関節症といわれるケースもあり、本人の自覚がない場合は

どうしても放置してしまいやすいです。

実は、あごは一番といってもいいほど良く使われている関節で、

・咀嚼・しゃべる・力を入れる時・ストレスを感じた時

・集中しているとき・睡眠中の歯ぎしり・運動時

などに個人差はありますが、顎関節を動かしています。

なので、その負担をかけている分、関節症が出やすいということが

言えるのです。しかも、

一度の歯の食いしばりの動作は、約50キロの負荷を顎にかけていると

言われるほど負担がかかっているのです。

またひどくなると、

あご関節周りには、三叉神経という神経が走行しており、

三叉神経痛・顔面神経痛なども生じやすい状態に・・・。

あご周り筋肉はとても繊細にできているので、負荷をかけすぎると

どうしても痛めやすい構造になっています。

痛いからと言ってむやみにあご周りを触るのはよくありません。

炎症がひどくなって帰って痛みが強くなる場合もあります。

顎関節症かチェックしてみましょう

鏡で見ながら

✅口を開ける→アゴが斜めに開く・左右に揺れる

✅アゴの付け根を押すと痛みが出る

✅アゴの先が真ん中にきていない

顎関節症の原因

1.歯ぎしり・歯の食いしばり

無意識で歯を食いしばる癖のある人もいらっしゃるので、

気づいていない場合もあります。

ストレスを感じたり、力を入れる時、集中しているとき、運動時、

睡眠時など、歯を食いしばっているとあごの筋肉が疲労し、硬くなります。

意外と歯を食いしばっていることがありますので、自分が食いしばっていないか?

意識してみてください。そして、食いしばっているなら、なるべく気づいたときに

食いしばらないように、顎の力を抜きましょう。癖になっている場合は、

なるべく意識して食いしばらないようにすることも大切です。

食いしばることで、頭痛や肩こりなどにもつながることもあります。

2.片方で噛む癖がある

片方のあごばかりで噛んでしまうと、どうしても

片方の筋肉が発達し、疲労もたまりやすくなります。

よく噛む方に、顎がずれてしまい、反対のアゴもそれに伴って

ずれてしまいます。

また、噛んでいるあごにばかり負担をかけていると、

関節が変形したり損傷したりします。大きな音が鳴る場合は、

ひどくなると、関節の損傷や変形もでてしまっている場合があります。

片方のあごでよく噛む癖のある方は、やはり意識的に、

両方のアゴで噛むように意識してみましょう。

3.スポーツ・趣味でアゴに負担をかけている

力を入れるスポーツ(アメフト・ハンマー投げ・弓道・格闘技・ラグビー・

砲丸投げ・重量挙げ・野球など)

首が傾いた状態が続いたり、偏った向きで姿勢を保つ楽器(バイオリン・サックスなど)

4.硬いものを噛まなくなった・咀嚼が少ない

よく最近、硬いものを噛まない、柔らかい食材をよく食べる、

噛む回数が少ないなどが原因で、顎の筋肉が衰えてしまって、

それが原因で顎関節症になるケースがあります。

5.首コリ・肩こり

首周りの筋肉、肩回りの筋肉のコリが原因で、つながって連動している

筋肉にも疲労やコリが生じやすい環境になります。

アゴの筋肉が凝ると、顎関節の動きが悪くなるため、顎関節症を

生じさせます。

6.自律神経失調症からくるもの

ストレスや不安などから、普段からくよくよ考え込んだり、思いつめやすい方は、

無意識で歯を食いしばっていることがあります。このばあい

1~6のような原因から、顎関節症を引き起こしていることが

多く見られますが、もし顎関節症かなと感じた場合、

お気軽にご相談いただければと思います。

東広島鍼灸整骨院では、

顎関節症になっている原因を根本から

改善するために、動きを制限している原因を探り、

関節の可動域を広げるよう、痛みを軽減するよう、

丁寧に施術をいたします。

当院派が顎関節の施術を得意としておりますので、

お気軽に上記のような症状でお困りの場合は

早めにお越しください。

ただし、ごくまれに顎の骨変形が原因の場合がありますが、

それが痛みの原因となっている場合、

骨の変形が原因となりますので、

施術は難しいと考えております。

 

美容鍼

2018.10.23 | Category: 未分類,Rebodyエステ

美容鍼

東洋医学では、

体の健康なくして美容は実現できないという考え、

「健美」があります。

近年、ハリウッド女優の間で美容鍼灸(コスメティックアキュパンクチャー)が

大ブレイクし、今日では

美容整形に代わる安全で効果的な美容方法として、

欧米では、多くの人々に支持されています。

また、最近では日本においても副作用がない、

安全で効果的な美容方法として、美容鍼が

数多くの雑誌・メディアなどで紹介され、

芸人やモデルさんが「鍼灸」を美容法として

活用しています。

美容鍼はこんな方にお勧め

たるみ・老け顔・疲れ顔・しわ・くすみ・ムクミ・

ほうれい線・クマ・ニキビ・吹き出物が気になる方

美容鍼の効果

美容鍼Q&A

Q化粧をしたままでもできますか?

Aはい、大丈夫です。

(もしヒト幹細胞トリートメントを

受けられる場合はノーメイクです)

Qお風呂は大丈夫?

A大丈夫です。全く問題ございません。

Qペースはどのぐらいで通えばいい?

A.週に1回をしばらく続けてみてください。

老化や酸化などで肌のターンオーバーが乱れてますので、

続けられると、ターンオーバーが正常になってきます。

肌の状態・ターンオーバーが整ってき始めたら、

週1回もしくは2週間に一度ぐらいの目安が理想的。

 

 

 

 

肋間神経痛

2018.10.22 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

ひどくなると、激痛で起き上がり動作や呼吸するのも苦しい状態に

肋間神経痛とは・・・

肋骨の間を通っている神経が刺激されて、

痛みが出ている状態をいいます。

痛みの度合いは個人差がありますが、

ひどくなると、動けないほどの激痛となることもあり、

例えば起床動作で起き上がれなかったり、心臓周りが痛くて、

歩けなくなったりすることもあります。

 

経験された方でないと、この症状は

なかなかなったことのない方には、想像できない

痛みです。

 

胸の痛みなので、心臓疾患などを心配される方もいますが、

検査をされても、心臓や冠状動脈に異常がない場合は、

肋間神経痛が考えられます。

子売った場合は、鍼(はり)施術が

症状緩和に適しており、

東広島鍼灸整骨院では、肋間神経の方を施術し、

良くなったっというお声をたくさんいただいております。

肋間神経痛が出る方には、特徴があり、

ストレスや自律神経の乱れも出ている場合が

ほどんどです。

東広島鍼灸整骨院では、様々な角度から

状態を把握するように努め、肋間神経痛の痛みがなぜ

出るようになっているのか根本から施術をいたします。

肋間神経痛は、急に出たように感じるのですが、

実はそこに至るまでの疲労物質の蓄積やストレスが多くあり、

体のダメージが大きいので、

胸の痛みが消えても、

体の状態が良くなるまでは、しばらく施術をしてあげる必要があります。

 

東広島鍼灸整骨院では、良くなるまでしっかりと

サポートさせていただきますので、上記のような症状でお困りの方は、

なるべく早めにご相談ください。

 

 

腱鞘炎(ドケルバン病など)・ばね指

2018.10.19 | Category: スポーツ外傷

腱鞘炎・ばね指

腱鞘炎は、指を曲げ伸ばしする腱(屈筋腱)と、

曲げ伸ばしするときに

腱の周りで腱の動きを抑える筒状の繊維(靭帯性腱鞘)が、

何らかの動作が原因で摩擦が起こり、

それにより炎症が起こって痛みを伴っている状態になります。

✅字が書けない

✅指に力が入らない

✅子供の抱っこができない

✅お箸をつかむのがつらい

✅パソコンのキーを打つのがつらい

✅ラケットが振れない

など、日常の動作が出来辛くなる症状です。

 

ひどくなってくると、

痛みから、動作痛や動作制限がかかり、

 

・指の曲げ伸ばしが難しい

・曲げれても、伸ばすときにばねのように伸びる状態になる(ばね指)

といったように支障が出ます。

 

多くの場合、

●スポーツの繰り返し動作

●日常生活での同じ筋肉の酷使

によっておおこる場合が多いです。

 

このような方が腱鞘炎・ばね指になってご来院されます

・部活動やスポーツをしている

・勉強で字を書くことが多い学生

・抱っこ

・パソコン作業

・仕事の同じ作業の繰り返し動作

 

このようなダメージの蓄積によっておこる腱鞘炎は、

腱が非常に硬くなっており、

腱としての働きがしっかりとできなくなっています。

炎症が起こっているために、

この場合はあまり患部に対して、

刺激が強いマッサージなどはお勧めできません。

 

東広島鍼灸整骨院では、このような腱鞘炎やばね指によって、

日常動作に支障が出て困ってらっしゃる方々が、たくさんご来院され、

施術をして、楽になったといってもらっております。

最近ではスマホなどの繰り返し動作で起こることも

稀ではありません。

また、スポーツなどからくる場合、テニス・卓球

剣道などをされている学生の方も施術を受けられます。

なるべく、練習や試合に合わせた施術をするように、

早期回復を目指して施術を行います。

 

腱鞘炎は、腱がかなり酷使されている状態で起こるため、

一時的に緩和された場合でも、

またすぐに戻ってしまうこともあります。

 

当院は、それぞれの状態・コンディションを見ながら

一人一人に合わせた施術を見極め、できる限り早期の回復を務めて

おりますので、少しでも早く症状を取りたいという方は、

当院へご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

東広島鍼灸整骨院

所在地〒739-0042 東広島市西条町西条東816番地           賀茂高校南側国道486号線(旧2号線沿い)ジョイフル西条東店のすぐ隣
電話番号082-422-8200
予約予約優先性とさせていただいております
駐車場10台あり
休診日日曜・祝日
院長木原 純司