rebody TEL

スポーツ外傷 | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

スポーツ障害・外傷

スポーツ障害とは

こちらをクリック「東広島鍼灸整骨院のお客さんのお声」

スポーツ障害とは

 

スポーツ障害とは、運動によって起こる体の故障のことです。身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。

スポーツ障害は、大きくは外傷と障害に分けられます。

外傷
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
障害
特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷するもので、野球肘、野球肩、ランナー膝等と呼ばれているものがこれにあたります。
※スポーツ障害とスポーツ外傷を合わせて、スポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。

 

 

 

どのようなスポーツ障害も対応できる東広島鍼灸整骨院

スポーツ障害は、競技の種目によっても異なりますし、お客様お一人お一人症状や痛みの程度などが異なります。東広島鍼灸整骨院ではどのような場合でもお客様ごとに最適な施術をおこない改善へと導きます。

スポーツ障害で傷めてしまった部位を施術出来るのは、整形外科などの病院だけでは御座いません。東広島鍼灸整骨院でも、素早く痛みを取り除いて、今後痛みを繰り返さないようにする身体作りが出来ます。
痛みをとりあえず抑えておきたいということで、痛み止めを飲んだり湿布を貼ったりなどして対処されている方も多いことでしょう。しかし、スポーツ障害というのは日頃の練習で一部分にばかり負担がかかってしまっていることで起こります。いわば、使い過ぎということなのです。
その状態で無理をさせてまた練習をおこなってしまいますと、悪化して日常生活にも支障が出てきたり、最悪の場合には今後スポーツが出来なくなってしまうということも考えられるのです。

ですので、スポーツ障害による痛みを感じたときには、

出来るだけ早めに

東広島鍼灸整骨院までお越しください。
競技ごとに身体の使い方は違いますし、

お客様お一人お一人によって

同じスポーツ障害でも痛む部位や範囲などは異なります。
東広島鍼灸整骨院では、

どのような症状でもお客様にとって

いちばん効果的な施術を組み合わせて施術をしていくために、

素早く痛みを取り除き、

再び痛みが出てこないように身体を調整していくことが出来ます。

スポーツ障害の主な部位と種類

むち打ち症等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
野球肘、テニス肘等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
シンスプリント、アキレス腱炎等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等
腱鞘炎・ばね指・つき指

競技別に探せる!スポーツ障害事例集

野球
  • 野球肩
  • 野球肘
  • 投球障害
  • シンスプリント
  • 腰痛
  • ヘルニア分離症
  • すべり症
  • インピンジメント

 

 

バレーボール
  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • 指の骨折
  • 指の脱臼
  • 肉離れ
  • 打撲
  • インピンジメント

 

 

バスケットボール
  • ジャンパー膝
  • 足首の捻挫
  • シンスプリント
  • 突き指
  • 足底筋膜炎
  • 肉離れ
  • 打撲

 

 

 

ソフトボール
  • 野球肩
  • 野球肘
  • 投球障害
  • シンスプリント
  • 腰痛
  • ヘルニア
  • 分離症
  • すべり症
  • インピンジメント

 

 

 

 

 

サッカー
  • 足首の捻挫
  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 打撲
  • 肉離れ
  • シンスプリント

 

 

 

 

 

ラグビー
  • 骨折肩の脱臼
  • 捻挫
  • 打撲
  • 肉離れ
  • 十字靭帯
  • 側副靭帯損傷
  • 半月板損傷

 

 

 

 

 

 

テニス
  • テニス肘
  • インピンジメント
  • シンスプリント
  • 腱鞘炎

 

 

 

 

 

陸上
  • ランナー膝
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • 外脛骨炎

 

 

 

 

 

卓球
  • シンスプリント
  • 腱鞘炎
  • 膝の痛み

 

 

 

 

 

 

バドミントン
  • テニス肘
  • 肩の障害
  • 手首の故障

 

 

 

 

 

柔道
  • 捻挫
  • 打撲
  • 脱臼

 

 

 

 

 

剣道
  • 肩の障害
  • 腰の障害
  • 膝の障害

 

 

 

 

 

 

スポーツ障害の施術法

関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、

施術期間の短縮が期待できます。
例えばテニス肘の場合、

肘だけを診るのではなく

肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の

関節可動制限を回復させることで、

より短期間で施術期間がすみます。

人の体は一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、

関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、

連動して働いているのです。

スポーツ障害で最も大事なのは、

無理なトレーニングをせず、

自分の能力にあったトレーニングを行うこと。

そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、

整骨院、整形外科等でみてもらうことです。

当院では、さまざまなスポーツ障害

(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応、

また、試合前で痛みをなんとかしたい選手の

相談に対応しておりますので、お困りの方は、

ぜひ一度ご相談ください。

超短波による施術