rebody TEL

ストレートネック | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

Blog記事一覧 > 肩こり,頭痛・目の疲れ > ストレートネック

ストレートネック

2018.11.16 | Category: 肩こり,頭痛・目の疲れ

ストレートネックとは?

首が痛い、

肩が凝る、

頭が痛い、

目が痛い、

こめかみが痛い、

いつも首や肩が凝っていて、痛み止めやシップを貼っても良くならないなど、

ストレートネックになると、首周りへの負担が増えるため、

その周辺の症状が出やすくなります。

ここ最近は、特に

デスクワークやスマホ、ゲームなどの影響で、

レントゲンで、ストレートネックと言われたという方も、

増えてきています。

ストレートネックと言われても、

大丈夫。

施術をきちんと受けることで、

楽になることができます。

 

本来、背骨はS字状に湾曲していて、

そのカーブのお陰で、

体に加わる衝撃を吸収し分散させ、

筋肉や骨にかかる負担を軽減させています。

首の骨(頸椎)は、

前弯していて、

頭の重みや衝撃を分散してくれています。

ストレートネックの状態で、日常生活を送っていると、

どうしても頭の重みや体の振動の衝撃が、

頸椎や周りの筋肉・人体に伝わりやすくなり、

凝りやすい体質になります。

ですので、なるべくストレートネックは、放置せずに

様々な不調に及ぶ前に手を打っておくことが先決です。

ストレートネックは、

姿勢が悪い方や、猫背の場合に多いです。

 

 

姿勢は首肩周り以外でも関係し、ストレートネックになる原因があります。

例えば骨盤からの歪み、下肢の筋肉の硬さ、腰椎の前湾が少ない、などで

背骨本来のカーブがバランスを崩してしまっている場合でも

ストレートネックを引き起こすことがあります。

普段から、デスクワークやスマホの時間が長い場合は、

下向き加減になり、頸椎が真っすぐになります。

その状態が続くと、その状態で骨格が固定されていき、

カーブが減り、ストレートネックになっていきます。

ですので、普段からの姿勢を意識し、なるべく

悪い姿勢を続けないように努力する必要もあります。

また最近は、若い方は特に顎が前に突き出すような姿勢に

なっている方も多いのですが、

これは、首が凝りやすい姿勢になります。

頭の重さは体重の1/10ぐらいあり、

体重によりますが、イメージとして、

ボーリングの玉ぐらいの重さがあるものを

首の上に乗せているという状態になります。

ストレートネックの状態は、

この重みを分散させる働きが少ないので、

ダイレクトに刺激が頸椎や筋肉に伝わるため、

筋肉が硬くなり、様々な症状を引き起こしやすくなります。

ストレートネックは、

放置しておくと、

先ほど述べたような形で、頸椎に負担がかかり

頸椎ヘルニアや変形性頚椎症、

といった症状に発展しやすくなります。

そうならないために、早めに施術を行い、

ご自身でも姿勢を意識し気を付けながら

治していく必要があります。

猫背の自覚がある方や、顎が付きだした姿勢になっている方は、

身体の状態を見ながら必要であれば猫背矯正やアジャスト矯正を

してあげる必要があります。

簡単セルフチェック

ストレートネックを調べるのはレントゲンでみればわかるのですが、

自宅でもできる簡単なチェック方法は

壁に背中をつけるように立っていただきます。

自然に立った状態で、

1.後頭部 2.肩甲骨 3.仙骨(お尻の上部)4.かかと

が壁についていれば問題ありません。

頭などが壁から離れていたり、力が入らないと

付かない状態の場合は、ストレートネックになっている

可能性があります。