rebody TEL

野球肩 | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ外傷の記事一覧

野球肩

2018.12.14 | Category: スポーツ外傷,未分類

野球肩とは?

原因

1.練習量の増加により徐々に疲労が蓄積してなるケース

2.準備運動不足で投球をし、筋肉の柔軟がない状態で

動作を行い負担をかけるケース

3.ポジションが変わり、遠投するようになり筋肉に

無理がかかりなるケース

4.フォームを変えたため、筋肉に負担がかかりなるケース

症状

肩関節の全面や後面に痛みが出て、全力投球できない。

レイトコッキング期からアクセレレーション期に

痛みが出ることが多く、

またフォロースルー期でも肩関節包が引き伸ばされる

ことによって痛みが増強することもある。

施術について

痛みが出ている発痛部位を確認し、

投球フォームによって、痛みが出る場所が異なるため、

どの筋肉を傷めているのかを正確に把握し施術します。

筋委縮がある場合は、しっかりと

筋肉を緩めることが大切になります。

筋トレも大切ではありますが、

痛みが出ているときは控え、

筋委縮を取ることを優先させる必要があります。

寒い時期などは、とくに長めにウォーミングアップ

をし、無理なく練習を行うようにすることが

大切です。

筋委縮が取れるまでは、練習は控え気味にし、

しっかりと施術を行い、

ひどくならないうちに治し、

様子を見ながら徐々に

トレーニングを再開させていくことが

ベストです。

大会などが近い場合で休めない場合も、

ご相談ください。当院で施術を行い、

硬くなった筋肉を緩め、萎縮を取る

ことでが、優先です。そうすることで、

パフォーマンスも上がり、

極力傷めずに済むようになります。

 

 

 

ジャンパー膝

2018.11.19 | Category: スポーツ外傷

ジャンパー膝って何?

運動などでジャンプを繰り返すことによって

膝の伸展に負担がかかり、

膝蓋骨の下端を中心に痛みが出る症状のこと。

筋肉の使いすぎ(オーバーユース)が

原因で、

膝蓋骨下極と膝蓋靭帯の境界部の

障害が多く、「膝蓋靭帯炎」

とも言われています。

大腿四頭筋という筋肉が主に関係しており、

✅キックなどの膝伸展動作

✅ジャンプの着地の際の衝撃を緩衝

というような動作を繰り返すことにより、

症状が出ます。

大腿四頭筋が運動や部活で、

繰り返し酷使することで筋肉に疲労がたまり、

筋肉が硬くなることで膝蓋骨下極に

負担がかかりなる場合や、

それ以外でも、

X脚、大腿四頭筋の筋力低下なども

原因となることがあります。

当院ではスポーツ外傷でこのような

膝の痛みを訴えられる方がたくさんいらっしゃり

施術を行っております。

施術は、まず痛めている部分の筋肉を把握し、

可動域や筋肉の張りや硬結、

熱感、圧痛点などを探り、

原因になっている箇所の修復を一番に促すように、

鍼施術、超音波、電気、マッサージなど

症状に合った方法で施術を行います。

スポーツ時の膝の痛みや歩行時や階段昇降時の

痛みなどでお悩みの方は、

なるべく症状が進行してしまわないように

早めにご相談いただければと思います。

一人一人に一番合った方法を選択し、

早くスポーツや日常生活を取り戻すことができるように、

施術してきます。

 

 

 

 

シンスプリント

2018.11.08 | Category: スポーツ外傷

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とは

スポーツ・運動・部活などをされている方は、

よく耳にするケガの名前だと思います。

足のすねの内側(脛骨粗面)の骨膜に炎症が見られる状態です。

繰り返し筋肉を使うことで、疲労がたまり、

筋肉に硬さが出てきます。

この状態で使い続けると、

筋肉が骨を引っ張るように働き、

脛骨に負担がかかります。

 

脛骨につく筋肉を緩め、

触って炎症を引き起こしている筋肉を修復させる

必要があります。

すね中部~下1/3に症状が出現します。

関連する筋肉としては、

後脛骨筋・下腿三頭筋(ヒラメ筋、腓腹筋)・

長母趾屈筋・長趾屈筋などです。

骨膜に対しての炎症症状で、まだ骨までには症状が

及んでいない状態です。

シンスプリントが進行して疲労骨折になる場合もあります。

 

シンスプリントと疲労骨折との違いは?

 

・シンスプリントの原因

1.多くは足の使いすぎ

運動で繰り返し下腿の筋肉に負担をかけている

2.足裏が着地時に真っすぐでない、足の歪み

足が回外・回内している場合、

下腿の筋肉が

無理に引き延ばされたり、収縮することで負担がかかり

起こります。

3.偏平足

・足裏のつちふまずが少なかったり、

・足裏のアーチに柔軟性がない、

・偏平足

の場合は、

歩行時やランニング時の地面からの衝撃を、

緩衝させる働きが劣るため、

衝撃が筋肉や関節に加わりやすくなります。

その結果、筋肉に炎症が起こりシンスプリントの

原因になります。

4.アスファルト・コンクリートばかりで走る

芝生や土、砂に比べ硬いため、

足裏への衝撃も強くなり、負担がかかります。

 

・こんなスポーツでよく見られます

サッカー・マラソン・陸上・バスケットボール

野球・バレー・バドミントン

・シンスプリントのレベル

シンスプリントでも、

軽度のものから重度のものまであります。

軽度では、痛みの頻度も少なく、運動時には痛みが気にならないものから、

中度では、運動すると常に痛いもの、

重度では、運動していなくても日常動作でも痛む状態です。

 

軽度のものは、痛みが気になるなと思っても、

痛みが出なくなったりするので、放置しがちです。

この時から、しっかりとストレッチをし、

ケアーしてあげるとひどくなりにくいです。

 

また、痛みが出ているのを感じたら、

ジョギングなどする際は、出来れば

アスファルトやコンクリートを避け、

芝生などなるべくやわらかい

地面で練習をするほうがよいでしょう。

 

また、靴などすり減っていたり、クッションが少ない

硬めの靴の場合は、

見直された方が良いです。

施術方法

シンスプリントでは、

下腿部の原因となっている

筋肉の筋緊張・筋疲労を取ることが重要です。

原因の筋肉を炎症を取りつつ、筋肉に柔軟性を持たせるよう

施術をいたします。

また骨格の歪みなども確認しながら、

歪みが見られる場合は矯正をしていきます。

鍼施術・超音波(超短波)・マッサージ・電気・矯正など

その方に合わせた施術を行っていきます。

施術や症状で

不安なことやお悩み事は何でもご相談ください。

 

 

シンスプリントと疲労骨折の違い

2018.11.08 | Category: スポーツ外傷

シンスプリントは、

症状が骨まで行っていない状態。

骨の周りの骨膜という部分の炎症です。

それに対して、

疲労骨折は、骨が折れている状態です。

ぶつかったり、転倒して骨折する場合は、

骨が折れている状態がレントゲンでもはっきりとわかりますが、

疲労骨折は、レントゲンではっきりわかる場合と、

骨折線が薄く、一見骨折しているように見えないような

場合もあります。

骨折線が深く、疲労骨折の度合いがひどい場合は、

絶対安静が重要になります。

無理をして、練習をしたりすることで、

骨の癒合がうまくいかず、

症状が長引いたり、骨折線がさらに

深くなってしまう場合があります。

シンスプリントも、疲労骨折も、

どちらも筋肉の繰り返しの動作によって、

筋肉を酷使し、疲労した状態が続くとおこります。

普段から、筋肉に疲労をため込まないように、

ケアーをし、シンスプリントや疲労骨折になった場合、

安静を努めつつ、筋肉の疲労を取り、

筋緊張を取って、修復を高めるように促していくことが大切です。

 

オスグッド病

2018.11.06 | Category: スポーツ外傷,未分類

オスグッド病

オスグッド病とは、

10~15歳ぐらいの子供が

膝の皿下の骨の痛みを訴える症状です。

 

特にスポーツをしている男の子に多く見られます。

オスグッド病の原因

成長期の場合、骨がまだ固まっていないため、

運動などで繰り返し筋肉が伸び縮みすることで

付着している部分の骨が引っ張られて、

はがされて

痛みが生じます。

オスグッドは、

太もも前面部の大腿四頭筋という筋肉の

負担が膝下の骨に負担をかけることで起こります。

 

歩行・階段・しゃがむ・立ち上がる・ジャンプ・走る

などの動作を繰り返すことで、

大腿四頭筋を使い、骨に負担をかける原因になります。

 

良く使う筋肉ですので、安静が難しいところですが、

オスグッドになられて、

痛みで動きがつらい場合、

✔歩いていても痛い

✔しゃがんでも痛い

等の時は、なるべく繰り返しの動作を控え、

スポーツなどは休んで安静にしましょう。

 

東広島鍼灸整骨院では、オスグッド病に対して

しっかりをケアーを行い、酷使している筋肉を柔らかくし、

筋肉の修復を促します。

大腿四頭筋の柔軟性を出し、

骨への負担を軽減させることを目的とし、

施術を行います。

特にスポーツや運動などしていなくても、なかには

オスグッド病になられるお子様もいらっしゃいます。

そのような場合は、

筋肉のもともとの柔軟性がなかったり、

筋力が少ない場合もあります。

 

また、姿勢が悪いお子様、

猫背や背中や腰が丸くなっている、

などから、大腿四頭筋に緊張が見られることも

あります。

その場合は、

運動やスポーツなどしていなくても普段の生活の

動作から生じてきてしまいます。

施術方法としては、

体の硬くなった筋肉を緩め、

柔軟性を出しつつ、

骨盤の歪みや

猫背の矯正をする必要もあります。

当院の骨盤矯正や猫背矯正は、

痛みはありませんので、

お子様でも安心して受けることができます。

オスグッド病でお悩みの方は、早めに

ご相談ください。

 

 

 

 

腱鞘炎(ドケルバン病など)・ばね指

2018.10.19 | Category: スポーツ外傷

腱鞘炎・ばね指

腱鞘炎は、指を曲げ伸ばしする腱(屈筋腱)と、

曲げ伸ばしするときに

腱の周りで腱の動きを抑える筒状の繊維(靭帯性腱鞘)が、

何らかの動作が原因で摩擦が起こり、

それにより炎症が起こって痛みを伴っている状態になります。

✅字が書けない

✅指に力が入らない

✅子供の抱っこができない

✅お箸をつかむのがつらい

✅パソコンのキーを打つのがつらい

✅ラケットが振れない

など、日常の動作が出来辛くなる症状です。

 

ひどくなってくると、

痛みから、動作痛や動作制限がかかり、

 

・指の曲げ伸ばしが難しい

・曲げれても、伸ばすときにばねのように伸びる状態になる(ばね指)

といったように支障が出ます。

 

多くの場合、

●スポーツの繰り返し動作

●日常生活での同じ筋肉の酷使

によっておおこる場合が多いです。

 

このような方が腱鞘炎・ばね指になってご来院されます

・部活動やスポーツをしている

・勉強で字を書くことが多い学生

・抱っこ

・パソコン作業

・仕事の同じ作業の繰り返し動作

 

このようなダメージの蓄積によっておこる腱鞘炎は、

腱が非常に硬くなっており、

腱としての働きがしっかりとできなくなっています。

炎症が起こっているために、

この場合はあまり患部に対して、

刺激が強いマッサージなどはお勧めできません。

 

東広島鍼灸整骨院では、このような腱鞘炎やばね指によって、

日常動作に支障が出て困ってらっしゃる方々が、たくさんご来院され、

施術をして、楽になったといってもらっております。

最近ではスマホなどの繰り返し動作で起こることも

稀ではありません。

また、スポーツなどからくる場合、テニス・卓球

剣道などをされている学生の方も施術を受けられます。

なるべく、練習や試合に合わせた施術をするように、

早期回復を目指して施術を行います。

 

腱鞘炎は、腱がかなり酷使されている状態で起こるため、

一時的に緩和された場合でも、

またすぐに戻ってしまうこともあります。

 

当院は、それぞれの状態・コンディションを見ながら

一人一人に合わせた施術を見極め、できる限り早期の回復を務めて

おりますので、少しでも早く症状を取りたいという方は、

当院へご相談ください。

 

伊藤超短波施術

2018.10.15 | Category: スポーツ外傷

スポーツ外傷で有名スポーツ選手や

オリンピック選手も使用しているものです。

こんな方にも安心!!

・体にプレートやボルトなどの金属が入っている

・深部にコリがあるが、鍼(ハリ)をするのは怖い

・痛い施術は絶対に嫌だ

伊藤超短波の効果

・細胞の微細な振動による高速ミクロマッサージ効果

・血行促進、疼痛緩和作用

伊藤超短波の適応疾患

むち打ち・寝違え・五十肩・手根管症候群・

上腕骨内、外側上顆炎・腱鞘炎・ばね指・腰部捻挫

ぎっくり腰・腰痛症・坐骨神経痛・椎間板ヘルニア

各部関節症・打撲・捻挫・肉離れ・野球肩・

肩腱板損傷・上腕二頭筋長頭腱炎・テニス肘・

ゴルフ肘・野球肘・腸脛靭帯炎・半月板損傷

シンスプリント・アキレス腱炎・アキレス腱断裂・

足底筋膜炎・筋膜性腰痛・鵞足炎・各部疲労骨折

小林歩選手

2015.11.11 | Category: スポーツ外傷

デュアスロン広島2015で見事、3連覇を果たされました!!

おめでとうございます(#^^#)

また、近々来週に大会がありますが、応援しております。

東広島鍼灸整骨院では小林歩選手を応援しております。

少しでもスポーツで痛めた筋肉のケアー・

コンディション作りに貢献できればと思っております。

来週も頑張ってください(≧◇≦)

 

最新式超音波

2015.10.15 | Category: スポーツ外傷

本日は、

伊藤超短波さんに来ていただき、勉強会をしました。最新式超音波施術器です。

骨折をした際に、治癒までの期間を大幅に短縮させることもできます。

また、浅部から深部まで刺激が届き、筋肉・腱・靭帯など、損傷を受けた軟部組織効果的に施術することが

可能です。

とくに、オスグット・スポーツ外傷・腱鞘炎・ばね指など、鍼で刺激の敏感な場所にも

この機械を用いることで、修復を促します。

 

小林歩選手トライアスロン

2015.06.22 | Category: スポーツ外傷

6/21【日)

~鳥取県湯梨浜町でおこなわれた
大会内容:トライアスロン(オリンピックディスタンス)、JTUエイジランキングポイント対象大会
中国ブロック日本選手権予選

 

に見事、当院が体のメンテナンス・

コンディションを整え、応援している小林歩選手が優勝いたしました。

おめでとうございます。

日本選手権(東京お台場)出場枠獲得されました。

小林歩選手には日々、こちらも感動をもらっています。

これからも応援しつつ、体のコンディション面をサポートしていきます(^O^)/