rebody TEL

WTO(世界保健機構)が鍼灸の適応症と認めている疾患 | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

Blog記事一覧 > めまい・耳鳴り・自律神経の乱れの記事一覧

WTO(世界保健機構)が鍼灸の適応症と認めている疾患

2019.03.21 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,スポーツ外傷,妊活,未分類,肩こり,腰痛,逆子,頭痛・目の疲れ

筋肉痛・痙攣・神経痛・神経麻痺(顔面神経など)

脳卒中後遺症

自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・ノイローゼ

ヒステリー・

リウマチ・頚肩腕症候群・首や肩の凝り・五十肩・腰痛・

外傷性の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)・関節炎・

腱鞘炎・各種スポーツ障害など

気管支炎・喘息・風邪及び予防など

歯痛・歯肉炎・抜歯後疼痛・しゃっくり・

肋間神経痛・坐骨神経痛

胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・肝機能障害・肝炎・

胆のう炎・胃十二指腸潰瘍・口内炎・痔疾

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・陰萎・前立腺肥大など

バセドウ氏病・糖尿病・脚気・貧血・痛風

メニエル氏病・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・耳鳴り・難聴・

中耳炎・声枯れ

更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊症・のぼせ

乳腺炎・白帯下

小児神経症(夜泣き・疳の虫・消化不良・偏食・夜驚・食欲不振・不眠)

夜尿症・虚弱体質の改善など

眼精疲労・ものもらい・仮性近視・結膜炎

アレルギー・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・

蕁麻疹・ヘルペス・しもやけ・眼炎

その他鍼灸マッサージの適応症

消化性胃潰瘍・過敏性大腸症候群

腹部膨満省・神経性食欲不振・

頭痛・筋緊張性頭痛・自律神経失調症・膝関節痛・

円形脱毛症・ドライアイ・眼瞼痙攣・

無月経など

TVで東洋医学・鍼灸が注目

2019.03.19 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,スポーツ外傷,妊活,肩こり,腰痛,逆子,頭痛・目の疲れ,骨盤矯正

東洋医学・鍼灸が最近注目を浴びてきているようです。

NHKの「東洋医学ホントのちから」というTV番組で

3/18(月)たまたま放送されておりました。

TVで人気のお笑い芸人さん(土田さん)が、

鍼灸を受けられて、体が柔らかくなったとおっしゃられていました。


また、背骨の状態をビフォーアフターで見ても、

背骨の歪みが、鍼の施術後に改善されている様子がわかります。

また、今回はスポーツトレーナー関係の方が、

飛陽というツボに鍼を打ち、その打つ前と後での

体の血流量をモニターで映し出しており、

鍼施術後に、血流量が増える様子がわかります。

まだまだ、鍼灸にはなじみのない方や、

怖いイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが、

最近少しですが、こういった鍼灸や東洋医学の

番組が放送されるようになり、

うれしく思うとともに、

少しでも多くの方に興味を持っていただけたら

幸いです。

 

ためしてガッテンで鍼が紹介されました

2019.03.01 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,スポーツ外傷,肩こり,腰痛,逆子,頭痛・目の疲れ

ためしてガッテンでは、主に鍼をすることで、

筋肉を覆っている筋膜のひずみを取るということを

画像を見ながら解説しておりました。


最近注目されている筋膜。

鍼をすると、この筋膜に直接刺激が届き、

痛んだり、古くなってしわになった筋膜の修復を

直接促す働きがあります。

また、東広島鍼灸整骨院では

逆子施術も行っておりますが、

逆子の施術をすると、赤ちゃんが動き出し

お腹の中で回転していく様子を

見ることができました。

また、ツボは症状がある場所と離れたところにあることがあるのですが、

今回のためしてガッテンでは、

目や肩こりなどでよく使うツボ、合谷

というツボに鍼を行うことで、

実際に目の周りの血流が改善されていく様子が

サーモグラフィーで映し出されていました。

 

鍼に対しては、抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、

当院での鍼施術は、

髪の毛ほどの細い鍼を使用ております。またディスポーザブル(使い捨て)の鍼を

使用しております。

マッサージでは効かなかったり、病院などでの治療や薬が

うまくいかずにどうすればいいか悩まれているような方にも、

鍼はとてもおススメです。

 

不眠症の原因と眠りの質を良くする自己ケアー

2018.11.23 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

不眠症のタイプ

2018.11.23 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

不眠症のタイプは大きく分け4つ

1.入眠障害 

眠りに入ることが困難な状態で、寝付けない状態が続き改善しない状態。

床に就き、寝ようとしてもそこから時間がかかる。

ストレスや日中の緊張、考え事や心の奥の不安感などから

自律神経が乱れ、なかなかリラックスする副交感神経に切り替わらない。

 

 

2.中途覚醒

眠っている途中で目が覚め、そこからなかなか寝られない。

まだ寝たいが寝られず、朝もすっきりと目覚めれない。

自律神経の乱れなどが多く関係している。

 

3.早朝覚醒

早朝に目が覚めてしまう。起きる2時間ほど前ぐらいから目が覚め、

そこから朝起きる時間まで寝られない。

 

4.熟睡感欠如

寝てはいるが、熟睡できていない感じがする。眠りが浅い。

ノンレム睡眠がうまく取れていない場合や睡眠時無呼吸症候群

の場合など。

 

人によって、タイプはまちまちで、この4つのタイプが

合わさり出るケースも多くあります。

1~4どのタイプの場合でも、鍼施術により

自律神経の乱れを整え、

質の良い睡眠へ導けれるように、

一人一人に合ったツボを取り、

身体の緊張を取り、リラックスしやすい体質になるように

施術をいたします。

ただし、無呼吸症候群の方の場合、

寝る体勢の問題や肥満、舌の筋肉の衰えなどを

みて総合的にサポートしていく必要があります。

 

不眠症の原因と自己ケアーについて

 

不眠症

2018.11.23 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

不眠症

●疲れているのに寝られない

●眠いのに寝付けない

●一度目が覚めてからが寝られない

●夢ばかり見ている気がする

 

不眠症に悩まれている方は意外と多く、

5人に1人が悩まされているともいわれてるほど実は、

不眠症は多くの方が経験され、悩んでいます。

不眠症にも種類があり、大まかに4つのタイプに分類されます。

(・不眠症の4つのタイプ について をご覧になられる方はこちら

睡眠時間は何時間取らないといけない、

というものではないと当院ではとらえており、

短くてもしっかりと深い眠りにつけていれば、

短くても十分ですし、長い眠りの方が合っている方も

いらっしゃいます。3時間でもスッキリ目覚める方は、

短時間でノンレム睡眠が人よりも取れ、

短い睡眠時間でも、体や脳の休息が行われ、成長ホルモンも分泌されているという

方もいらっしゃいます。ですので、

睡眠時間が仮に、4時間だったとしても、

人によっては不十分だと感じる方と、十分足りていると

感じる方とそれぞれで個人差があり、違ってきます。

要は、長くても短くても、

睡眠の質が大切で、ノンレム睡眠とレム睡眠が

しっかりと取れていれば、自然に目が覚めた時に

スッキリと目覚めることができます。

不眠症ととらえるのは、時間ではなく、質の問題なのです。

ノンレム睡眠とレム睡眠とは?

・何だか寝てもすっきりしない、

・眠りが浅い

・夢ばかり見ている気がする

という方は、ノンレム睡眠がうまく取れていない可能性があります。

このノンレム睡眠とレム睡眠のバランスをうまく取り、

睡眠の質を良くすることが、不眠症を解決する上では

重要なポイントになります。

では、この二つのバランスを良くするにはどうすればいいでしょうか?

まず、睡眠の上で大切な働きをするのが

よく聞く 自律神経 です。

この自律神経の働きが、最近とても乱れやすい環境になっており、

その乱れが原因で睡眠の質を落としている

ということが、不眠症の多くの方に見られるものだと思います。

自律神経は、とても体でも重要な働きをしていて、

睡眠以外でも、多くの体の機能に関係しており、

体の様々な箇所に走行し、

筋肉・血管・皮膚・内臓全ての働きに携わっています。

自律神経の働きが、バランスを崩しうまく

コントロールされていない状態だと、

なかなか眠りにつくことができず、また眠っても

浅い眠りになってしまいます。

東広島鍼灸整骨院では、自律神経のバランスを整え、

より良い睡眠がとれるように、睡眠に関係するツボ、

自律神経にかかわるツボに鍼施術を施し

調整を行います。

東広島鍼灸整骨院では、

鍼施術をツボを取って行うことで

不眠の症状が回復したという報告を多く受けております。

また、肩こりや頭痛などの症状で施術されている方にも、

・「実は最近寝つきが悪くて困っていたが、

ここにきてから寝つきが良くなった」

・「浅い眠りで、良く途中で目が覚めて寝られなかったけど

ここで施術してから、ぐっすり寝られるようになった。」

など

ほかの症状をメインでいらっしゃり施術をされた方からも、

そう言えば・・というような形で「睡眠の質が良くなった」

ということを度々聞くことができます。

不眠症がなぜ起こっているのか?

ということを考えてみると、鍼施術が不眠症にいいということが

お分かりいただけると思います。

不眠症の原因を突き止め、その原因を取り除くように、

眠りの環境を整え、自然と眠りにつけるように

お手伝いできればと思います。

ストレスや体の疲労の蓄積で自律神経の乱れが出て、

そこから不眠症に発展してしまっている場合は、

鍼施術をお勧めいたします。

 

 

 

顔面神経麻痺

2018.11.20 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

顔面神経麻痺とは?

顔面神経の働きとして、

1.表情筋(顔の筋肉)を支配

2.味覚(舌前2/3の味覚)

3.唾液の分泌

4.涙腺の支配

5.聴覚(アブミ骨神経)音を小さくする

といった働きがあります。

ですので顔面神経の働きの障害を調べるには、

表情筋の働きや味覚に異常がないかをみます。

顔面神経がマヒすると

1.表情筋が働かない

・麻痺側の目を完全に閉じることができない

・角膜刺激で涙が出る

・麻痺側の口角が下がり、よだれが垂れる

・口笛が吹けない

・食べ物が頬と歯の間に挟まる

・麻痺側の額にしわを寄せることができない

そのほか、麻痺の状態によって違いはありますが、

・味覚障害

・聴覚過敏、耳鳴り

・涙の分泌障害

・唾液の分泌障害

などが症状として挙げられます。

表情筋の症状は見られるのですが、そのほかの症状は

麻痺の状態によって出る場合とでない場合とあります。

 

顔面神経麻痺になったら

東広島鍼灸整骨院では、顔面神経麻痺になられて

当院で施術し回復された方がいらっしゃいます。

手術をする前に、当院で施術をし、手術をしなくて済んだケースも

ございます。

顔面神経麻痺になられると、

お顔の事なのでとても気にされる方が多く、

何とかしたいけど、手術をするのは怖い

という方もいらっしゃると思います。

顔面神経麻痺になられた場合は、

なるべく早めにお越しいただければと思います。

いろいろ病院に行かれたりされて、しばらく様子を見て

お越しいただく方もいらっしゃると思いますが、

なるべく早めにお越しいただける方が、

経過もよいです。

顔面神経麻痺はWTO(世界保健機構)の鍼灸適応疾患に

挙げられております。鍼施術をすることで

症状が回復されるということが認められております。

顔面神経麻痺になられた場合、

顔面神経の走行に沿ってツボを取り、

神経周囲の修復を促していきます。

顔面神経は耳周りやお顔に走行しており、

顔面神経下顎枝、顔面神経頬枝、顔面神経側頭枝

などに関係するツボで反応が見られる点を取り

施術を施します。

 鍼は使い捨てですので安心

当院の鍼施術は全て使い捨ての鍼を使用しております。

髪の毛ほどの細さの鍼ですので、安心していただければと思います。

 

 

 

薄毛・円形脱毛症

2018.10.25 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

薄毛・円形脱毛症は東広島鍼灸整骨院の育毛コース

✅円形脱毛症

✅薄毛

✅髪のボリューム不足

 

抜け毛・薄毛はご年配の方ばかりではなく、

最近は若い方も悩まれている方は多いです。

また、女性の薄毛も増えています。

髪は、隠せれる程度のものでしたら何とかごまかせれるのですが、

そのうちに、症状がひどくなって隠しきれなくなってくると、

とても不安になり、悩んでしまいます。

 

円形脱毛症のかたは、

自律神経のバランスの乱れや

血行不良が生じている場合が多くみられますので、

当院ではまず、

自律神経系を整えるように施術することが重要だと

捉えており、

鍼施術によって自律神経の乱れを整え

交感神経と副交感神経のバランスを良くしていきます。。

また、

頭皮のほうにも、血流が良くなるように

施術を施す必要があります。

当院では、

男性の薄毛・女性の薄毛・ボリューム不足など、

髪が抜けるメカニズムを研究し、

鍼施術でツボを刺激します。そして、

育毛のツボを刺激していくように、

ヘッドマッサージを行います。

 

施術を続けられていくうちに、

まず頭皮からプツプツと毛根から毛が生え始め、

産毛が広がり、

徐々に太い髪の毛に変わってきて、

徐々に髪の毛が生えるようになってきます。

個人差はありますが、頭皮の状態を良くしてあげることが、

髪が生えるうえで一番重要となりますので、

体の外側からだけではなく、

体の内側からの血流量を増やし、

頭皮の循環を良くしてあげる必要があります。

東広島鍼灸整骨院の育毛コースをされると、

表面的なケアーではなく、深部から血流を良くしたり、

毛根が活性化しますので、

体の内側から、

老廃物が流れ、代謝も上がります。

そうすると、

頭皮環境もよくなり、しっかりと髪に栄養が行きわたる

ようになります。

 

当院の育毛コースは、

頭皮環境を良くしつつ、同時に自律神経系を整え、

ストレスの緩和を目的とした施術になっております。

育毛剤も、科学的(着色料・防腐剤・香料無添加)なものを一切含まない

良いもので、品質もこだわっております。

薄毛・円形脱毛症などで

少しでも気になることがございましたら、

お気軽に何でもご相談ください。

 

 

顎関節症

2018.10.25 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,肩こり,頭痛・目の疲れ

顎関節症

 

顎関節症は、痛みがある場合とない場合があります。

 

✅口を開けようとすると、「パキッ」「コキッ」と音が鳴る

✅大きく口を開けようとすると、制限がかかり、開けられない

✅口を開ける際に、あごがガクッ一瞬ずれる

✅ものを噛んでいるとあごが痛い・だるい

人によって、朝だけ症状が出る場合、疲れると出る場合、

常に出る場合など出る頻度もまちまちです。

また、自覚がなくても、歯医者さんなどで、

口を大きく開けないといけないのに開けれなくて、

顎関節症といわれるケースもあり、本人の自覚がない場合は

どうしても放置してしまいやすいです。

実は、あごは一番といってもいいほど良く使われている関節で、

・咀嚼・しゃべる・力を入れる時・ストレスを感じた時

・集中しているとき・睡眠中の歯ぎしり・運動時

などに個人差はありますが、顎関節を動かしています。

なので、その負担をかけている分、関節症が出やすいということが

言えるのです。しかも、

一度の歯の食いしばりの動作は、約50キロの負荷を顎にかけていると

言われるほど負担がかかっているのです。

またひどくなると、

あご関節周りには、三叉神経という神経が走行しており、

三叉神経痛・顔面神経痛なども生じやすい状態に・・・。

あご周り筋肉はとても繊細にできているので、負荷をかけすぎると

どうしても痛めやすい構造になっています。

痛いからと言ってむやみにあご周りを触るのはよくありません。

炎症がひどくなって帰って痛みが強くなる場合もあります。

顎関節症かチェックしてみましょう

鏡で見ながら

✅口を開ける→アゴが斜めに開く・左右に揺れる

✅アゴの付け根を押すと痛みが出る

✅アゴの先が真ん中にきていない

顎関節症の原因

1.歯ぎしり・歯の食いしばり

無意識で歯を食いしばる癖のある人もいらっしゃるので、

気づいていない場合もあります。

ストレスを感じたり、力を入れる時、集中しているとき、運動時、

睡眠時など、歯を食いしばっているとあごの筋肉が疲労し、硬くなります。

意外と歯を食いしばっていることがありますので、自分が食いしばっていないか?

意識してみてください。そして、食いしばっているなら、なるべく気づいたときに

食いしばらないように、顎の力を抜きましょう。癖になっている場合は、

なるべく意識して食いしばらないようにすることも大切です。

食いしばることで、頭痛や肩こりなどにもつながることもあります。

2.片方で噛む癖がある

片方のあごばかりで噛んでしまうと、どうしても

片方の筋肉が発達し、疲労もたまりやすくなります。

よく噛む方に、顎がずれてしまい、反対のアゴもそれに伴って

ずれてしまいます。

また、噛んでいるあごにばかり負担をかけていると、

関節が変形したり損傷したりします。大きな音が鳴る場合は、

ひどくなると、関節の損傷や変形もでてしまっている場合があります。

片方のあごでよく噛む癖のある方は、やはり意識的に、

両方のアゴで噛むように意識してみましょう。

3.スポーツ・趣味でアゴに負担をかけている

力を入れるスポーツ(アメフト・ハンマー投げ・弓道・格闘技・ラグビー・

砲丸投げ・重量挙げ・野球など)

首が傾いた状態が続いたり、偏った向きで姿勢を保つ楽器(バイオリン・サックスなど)

4.硬いものを噛まなくなった・咀嚼が少ない

よく最近、硬いものを噛まない、柔らかい食材をよく食べる、

噛む回数が少ないなどが原因で、顎の筋肉が衰えてしまって、

それが原因で顎関節症になるケースがあります。

5.首コリ・肩こり

首周りの筋肉、肩回りの筋肉のコリが原因で、つながって連動している

筋肉にも疲労やコリが生じやすい環境になります。

アゴの筋肉が凝ると、顎関節の動きが悪くなるため、顎関節症を

生じさせます。

6.自律神経失調症からくるもの

ストレスや不安などから、普段からくよくよ考え込んだり、思いつめやすい方は、

無意識で歯を食いしばっていることがあります。このばあい

1~6のような原因から、顎関節症を引き起こしていることが

多く見られますが、もし顎関節症かなと感じた場合、

お気軽にご相談いただければと思います。

東広島鍼灸整骨院では、

顎関節症になっている原因を根本から

改善するために、動きを制限している原因を探り、

関節の可動域を広げるよう、痛みを軽減するよう、

丁寧に施術をいたします。

当院派が顎関節の施術を得意としておりますので、

お気軽に上記のような症状でお困りの場合は

早めにお越しください。

ただし、ごくまれに顎の骨変形が原因の場合がありますが、

それが痛みの原因となっている場合、

骨の変形が原因となりますので、

施術は難しいと考えております。

 

肋間神経痛

2018.10.22 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

ひどくなると、激痛で起き上がり動作や呼吸するのも苦しい状態に

肋間神経痛とは・・・

肋骨の間を通っている神経が刺激されて、

痛みが出ている状態をいいます。

痛みの度合いは個人差がありますが、

ひどくなると、動けないほどの激痛となることもあり、

例えば起床動作で起き上がれなかったり、心臓周りが痛くて、

歩けなくなったりすることもあります。

 

経験された方でないと、この症状は

なかなかなったことのない方には、想像できない

痛みです。

 

胸の痛みなので、心臓疾患などを心配される方もいますが、

検査をされても、心臓や冠状動脈に異常がない場合は、

肋間神経痛が考えられます。

子売った場合は、鍼(はり)施術が

症状緩和に適しており、

東広島鍼灸整骨院では、肋間神経の方を施術し、

良くなったっというお声をたくさんいただいております。

肋間神経痛が出る方には、特徴があり、

ストレスや自律神経の乱れも出ている場合が

ほどんどです。

東広島鍼灸整骨院では、様々な角度から

状態を把握するように努め、肋間神経痛の痛みがなぜ

出るようになっているのか根本から施術をいたします。

肋間神経痛は、急に出たように感じるのですが、

実はそこに至るまでの疲労物質の蓄積やストレスが多くあり、

体のダメージが大きいので、

胸の痛みが消えても、

体の状態が良くなるまでは、しばらく施術をしてあげる必要があります。

 

東広島鍼灸整骨院では、良くなるまでしっかりと

サポートさせていただきますので、上記のような症状でお困りの方は、

なるべく早めにご相談ください。