rebody TEL

WTO(世界保健機構)が鍼灸の適応症と認めている疾患 | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

Blog記事一覧 > 未分類の記事一覧

WTO(世界保健機構)が鍼灸の適応症と認めている疾患

2019.03.21 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ,スポーツ外傷,妊活,未分類,肩こり,腰痛,逆子,頭痛・目の疲れ

筋肉痛・痙攣・神経痛・神経麻痺(顔面神経など)

脳卒中後遺症

自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・ノイローゼ

ヒステリー・

リウマチ・頚肩腕症候群・首や肩の凝り・五十肩・腰痛・

外傷性の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)・関節炎・

腱鞘炎・各種スポーツ障害など

気管支炎・喘息・風邪及び予防など

歯痛・歯肉炎・抜歯後疼痛・しゃっくり・

肋間神経痛・坐骨神経痛

胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・肝機能障害・肝炎・

胆のう炎・胃十二指腸潰瘍・口内炎・痔疾

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・陰萎・前立腺肥大など

バセドウ氏病・糖尿病・脚気・貧血・痛風

メニエル氏病・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎・耳鳴り・難聴・

中耳炎・声枯れ

更年期障害・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊症・のぼせ

乳腺炎・白帯下

小児神経症(夜泣き・疳の虫・消化不良・偏食・夜驚・食欲不振・不眠)

夜尿症・虚弱体質の改善など

眼精疲労・ものもらい・仮性近視・結膜炎

アレルギー・気管支喘息・アレルギー性鼻炎・

蕁麻疹・ヘルペス・しもやけ・眼炎

その他鍼灸マッサージの適応症

消化性胃潰瘍・過敏性大腸症候群

腹部膨満省・神経性食欲不振・

頭痛・筋緊張性頭痛・自律神経失調症・膝関節痛・

円形脱毛症・ドライアイ・眼瞼痙攣・

無月経など

整骨院で健康保険適用される場合は

2019.03.18 | Category: 未分類

健康保険が使える場合は、以下の事柄に当てはまる場合使用できます。
(・健康保険が使用できるかどうかは、詳細を柔道整復師が確認し、判断します。)

 

1.筋肉を何かの拍子に痛めた。
2.痛めた日がはっきりしている。
3.プライベート、日常生活上での痛みや症状である

骨折、打撲、捻挫、挫傷(筋肉や腱、靭帯の損傷)
*骨折後骨折周囲の施術をご希望の場合は、医師の同意書が必要です。
*仕事上や通勤途上での痛みは、労災保険の取り扱いとなります。
*交通事故の施術は自賠責保険の取り扱いになります。

 

肩こり、腰痛、膝の痛みなどの症状で、原因が思い当たる節がございましたら、
問診時や触診時におっしゃって下さい。

妊活

2019.02.15 | Category: 妊活,未分類

妊活を東広島鍼灸整骨院でされていた方から、

うれしいご報告を、お聞きすることができました。

ここ数日の間で3名様のご妊娠と、

お一人様の妊活を経て、ご出産されたというご報告を

計4件いただきました。

大変うれしいです。

今年はまだいつもの冬に比べて暖かいですが、

日に波もありますし、やはり朝晩は冷え込みます。

妊活をされている方は特に、足首周りや手首回り、

首周り、おなかや腰回り(骨盤)を冷やさないように、

腹巻やレッグウォーマー、カイロなどで

室内でも冷えを感じたら温め冷やさないように

してあげてください。

また、ついつい家でじっとしてしまいますいですが、

無理なく運動をしてみましょう。

血流は、妊活する上でとても重要になりますので、

ちょっとでも無理なく続けられることから

始めていきましょう。

野球肩

2018.12.14 | Category: スポーツ外傷,未分類

野球肩とは?

原因

1.練習量の増加により徐々に疲労が蓄積してなるケース

2.準備運動不足で投球をし、筋肉の柔軟がない状態で

動作を行い負担をかけるケース

3.ポジションが変わり、遠投するようになり筋肉に

無理がかかりなるケース

4.フォームを変えたため、筋肉に負担がかかりなるケース

症状

肩関節の全面や後面に痛みが出て、全力投球できない。

レイトコッキング期からアクセレレーション期に

痛みが出ることが多く、

またフォロースルー期でも肩関節包が引き伸ばされる

ことによって痛みが増強することもある。

施術について

痛みが出ている発痛部位を確認し、

投球フォームによって、痛みが出る場所が異なるため、

どの筋肉を傷めているのかを正確に把握し施術します。

筋委縮がある場合は、しっかりと

筋肉を緩めることが大切になります。

筋トレも大切ではありますが、

痛みが出ているときは控え、

筋委縮を取ることを優先させる必要があります。

寒い時期などは、とくに長めにウォーミングアップ

をし、無理なく練習を行うようにすることが

大切です。

筋委縮が取れるまでは、練習は控え気味にし、

しっかりと施術を行い、

ひどくならないうちに治し、

様子を見ながら徐々に

トレーニングを再開させていくことが

ベストです。

大会などが近い場合で休めない場合も、

ご相談ください。当院で施術を行い、

硬くなった筋肉を緩め、萎縮を取る

ことでが、優先です。そうすることで、

パフォーマンスも上がり、

極力傷めずに済むようになります。

 

 

 

オスグッド病

2018.11.06 | Category: スポーツ外傷,未分類

オスグッド病

オスグッド病とは、

10~15歳ぐらいの子供が

膝の皿下の骨の痛みを訴える症状です。

 

特にスポーツをしている男の子に多く見られます。

オスグッド病の原因

成長期の場合、骨がまだ固まっていないため、

運動などで繰り返し筋肉が伸び縮みすることで

付着している部分の骨が引っ張られて、

はがされて

痛みが生じます。

オスグッドは、

太もも前面部の大腿四頭筋という筋肉の

負担が膝下の骨に負担をかけることで起こります。

 

歩行・階段・しゃがむ・立ち上がる・ジャンプ・走る

などの動作を繰り返すことで、

大腿四頭筋を使い、骨に負担をかける原因になります。

 

良く使う筋肉ですので、安静が難しいところですが、

オスグッドになられて、

痛みで動きがつらい場合、

✔歩いていても痛い

✔しゃがんでも痛い

等の時は、なるべく繰り返しの動作を控え、

スポーツなどは休んで安静にしましょう。

 

東広島鍼灸整骨院では、オスグッド病に対して

しっかりをケアーを行い、酷使している筋肉を柔らかくし、

筋肉の修復を促します。

大腿四頭筋の柔軟性を出し、

骨への負担を軽減させることを目的とし、

施術を行います。

特にスポーツや運動などしていなくても、なかには

オスグッド病になられるお子様もいらっしゃいます。

そのような場合は、

筋肉のもともとの柔軟性がなかったり、

筋力が少ない場合もあります。

 

また、姿勢が悪いお子様、

猫背や背中や腰が丸くなっている、

などから、大腿四頭筋に緊張が見られることも

あります。

その場合は、

運動やスポーツなどしていなくても普段の生活の

動作から生じてきてしまいます。

施術方法としては、

体の硬くなった筋肉を緩め、

柔軟性を出しつつ、

骨盤の歪みや

猫背の矯正をする必要もあります。

当院の骨盤矯正や猫背矯正は、

痛みはありませんので、

お子様でも安心して受けることができます。

オスグッド病でお悩みの方は、早めに

ご相談ください。