rebody TEL

不眠症 | 東広島市 東広島鍼灸整骨院

Rebodyエステ&オイルマッサージはこちら

Blog記事一覧 > めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ > 不眠症

不眠症

2018.11.23 | Category: めまい・耳鳴り・自律神経の乱れ

不眠症

●疲れているのに寝られない

●眠いのに寝付けない

●一度目が覚めてからが寝られない

●夢ばかり見ている気がする

 

不眠症に悩まれている方は意外と多く、

5人に1人が悩まされているともいわれてるほど実は、

不眠症は多くの方が経験され、悩んでいます。

不眠症にも種類があり、大まかに4つのタイプに分類されます。

(・不眠症の4つのタイプ について をご覧になられる方はこちら

睡眠時間は何時間取らないといけない、

というものではないと当院ではとらえており、

短くてもしっかりと深い眠りにつけていれば、

短くても十分ですし、長い眠りの方が合っている方も

いらっしゃいます。3時間でもスッキリ目覚める方は、

短時間でノンレム睡眠が人よりも取れ、

短い睡眠時間でも、体や脳の休息が行われ、成長ホルモンも分泌されているという

方もいらっしゃいます。ですので、

睡眠時間が仮に、4時間だったとしても、

人によっては不十分だと感じる方と、十分足りていると

感じる方とそれぞれで個人差があり、違ってきます。

要は、長くても短くても、

睡眠の質が大切で、ノンレム睡眠とレム睡眠が

しっかりと取れていれば、自然に目が覚めた時に

スッキリと目覚めることができます。

不眠症ととらえるのは、時間ではなく、質の問題なのです。

ノンレム睡眠とレム睡眠とは?

・何だか寝てもすっきりしない、

・眠りが浅い

・夢ばかり見ている気がする

という方は、ノンレム睡眠がうまく取れていない可能性があります。

このノンレム睡眠とレム睡眠のバランスをうまく取り、

睡眠の質を良くすることが、不眠症を解決する上では

重要なポイントになります。

では、この二つのバランスを良くするにはどうすればいいでしょうか?

まず、睡眠の上で大切な働きをするのが

よく聞く 自律神経 です。

この自律神経の働きが、最近とても乱れやすい環境になっており、

その乱れが原因で睡眠の質を落としている

ということが、不眠症の多くの方に見られるものだと思います。

自律神経は、とても体でも重要な働きをしていて、

睡眠以外でも、多くの体の機能に関係しており、

体の様々な箇所に走行し、

筋肉・血管・皮膚・内臓全ての働きに携わっています。

自律神経の働きが、バランスを崩しうまく

コントロールされていない状態だと、

なかなか眠りにつくことができず、また眠っても

浅い眠りになってしまいます。

東広島鍼灸整骨院では、自律神経のバランスを整え、

より良い睡眠がとれるように、睡眠に関係するツボ、

自律神経にかかわるツボに鍼施術を施し

調整を行います。

東広島鍼灸整骨院では、

鍼施術をツボを取って行うことで

不眠の症状が回復したという報告を多く受けております。

また、肩こりや頭痛などの症状で施術されている方にも、

・「実は最近寝つきが悪くて困っていたが、

ここにきてから寝つきが良くなった」

・「浅い眠りで、良く途中で目が覚めて寝られなかったけど

ここで施術してから、ぐっすり寝られるようになった。」

など

ほかの症状をメインでいらっしゃり施術をされた方からも、

そう言えば・・というような形で「睡眠の質が良くなった」

ということを度々聞くことができます。

不眠症がなぜ起こっているのか?

ということを考えてみると、鍼施術が不眠症にいいということが

お分かりいただけると思います。

不眠症の原因を突き止め、その原因を取り除くように、

眠りの環境を整え、自然と眠りにつけるように

お手伝いできればと思います。

ストレスや体の疲労の蓄積で自律神経の乱れが出て、

そこから不眠症に発展してしまっている場合は、

鍼施術をお勧めいたします。